日々のつぶやき。。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

仕立て。。

ボクのお気にの御店。。。
日々のつぶやき。。-DVC00067.jpg
ここまで上物生地ぉ扱ってるのゎ
群馬でゎココぐらいな気が・・・。。
日々のつぶやき。。-DVC00065.jpg
ひねくれモノのかんだぬゎ
ダレもが知ってるゼニア ゎ嫌い♪
日々のつぶやき。。-DVC00064.jpg
そんな英国紳士なかんだぬゎ
少量生産に拘るテイラー&ロッヂ
日々のつぶやき。。-DVC00066.jpg
しかし今回ゎ趣向ぉ変えて
チョイ悪のイタリア人に♪
日々のつぶやき。。-DVC00069.jpg

もちろん決めたのゎゼニアでゎなく
フラッテリ・タリア ディ・デルフィノ

ヽ(゜▽、゜)ノ





そして

ボクのお気に入りの服地紹介♪



Taylor & Lodge/テーラー&ロッヂ
1883年創業。英国服地の聖地ウエストヨークシャーのハダスフィールドの名門ミルで、現在ではイタリアのトップブランドをはじめ、世界中からのオーダーが入る。高い品質を保持する為、時間と手間のかかる伝統工法による少量生産にこだわり 続ける同社は、ウェットフィニッシングに同社の横を流れるホルム川の軟水を使用していることでも有名です。生産効率より、品質を追求するこだわりは、英国の名門ミルの美徳と言えますが、テイラー&ロッヂは紛れもなくその代表格です。

HARRISONS of EDINBURGH/ハリソンズ オブ エジンバラ
1963年創業。トレードマークの赤いバンチで展開されるその高品質かつ豊富な服地コレクションは、世界中の名門テーラー、オーダーサロンで取り扱われ、欧州の王侯貴族をはじめとした世界中のVIPから愛されてきました。「最上級の原毛のみが、最高級の服地を作り上げる」という哲学のもと最上の原毛のみを使用し、仕上げに至るまで全ての工程に於いて妥協を排して生み出される服地の数々は、実際に縫製に携わるプロフェッショナル達から絶対的な信頼がある。

FRATELLI TALLIA DA DELFINO/フラッテリ・タリア ディ・デルフィノ
1903年創業。イタリア・ビエラ地方「ガルディア・タリア」として当初より、SUPER120から150使いのウール・カシミア・シルクなどを使用した高級素材しか生産しないことがポリシーの最高級服地メーカーです。世界30ヵ国以上に販路を拡大し、イタリアを代表する高級プレタブランドにも生地を提供しており、顧客のニーズに合わせ、シーズン毎にコットン・リネン・シルク・バンブー といったユニークな織物を加えた色彩豊かな高番手ウールのコレクションを発表し続 けています。

スポンサーサイト
  1. 2012/03/31(土) 14:33:38|
  2. 【御店・会社】。。。。。。
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<飛び込み。。『おさかな亭☆伊勢崎市』 | ホーム | ぐらんどおーぷん。。『冷めんの店たかひ高関店☆高崎市』>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kandanuki.blog.fc2.com/tb.php/2079-7f9d56f3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。