日々のつぶやき。。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ふーん。。。

目の前走ってました。。。
日々のつぶやき。。-DVC00180.jpg

そして

ネットでゎ・・・

日々のつぶやき。。

日本で開催された「韓国ゴールデンディスク賞」がガラガラだと話題に。。。



(=◇=;)あんぐり。。


ついでに・・・


1月7日と8日に代々木公園イベント広場にて行われた『韓流グルメフェスタ 韓流グルメ日本一決定戦』。

このイベントは韓国料理の日本一を決めるというイベントであり、イベントには約40店舗が出店している。

その中から日本一を決めるというイベントである。
第1回韓流グルメ日本一決定戦グランプリに輝いたのはスンドゥブイジャカヤ食堂ポジャンマチャ上野店。

本格スンドゥブチゲ880円が上野店でも人気だとか。

そんなイベントは2日間で20万人の来場者が訪れたと発表があり、『Twitter』や掲示板で話題になっている。

話題になっていると言っても 「凄い!」などの称賛ではなく、

この20万人という数字に対して不審に思っているようだ。20万人といえば確かにものすごい数字。
東京ビッグサイトで行われた『コミックマーケット』は3日間で50万人。これは日本最大級の数字である。

また毎年秋に行われている 『東京ゲームショウ』は世界中からの来場者が訪れ

毎年20万人前後の数字となっている(昨年は過去最高の22万人)。

代々木公園イベント広場で行われた韓流グルメイベントが

20万人という数字が多すぎるという声が非常に多いのだ。その声をいくつか抜粋してみた。

・コミケ並の来場者数で(笑)
・これで2日間で20万人ですか。凄いなー(棒読み)
・やはり来場者およそ10倍水増し捏造報道キタァ!
・1万人位って発表しときゃいいのに20万人とか
・だから何でそんなすぐわかる嘘をつくんだよ!

と20万人という数字は多いという意見が書かれている。

(以下略)



ヽ(゜▽、゜)ノ笑った。。。



スポンサーサイト
  1. 2012/01/15(日) 18:19:00|
  2. 【エンターティメント】。
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

孤立地帯♪

Burning Man 2011


バーニング・マン(Burning Man)は、アメリカ合衆国で開催される大規模なイベントである


概要:
バーニング・マンは、アメリカ北西部の人里離れた荒野で年に一度、約一週間に渡って開催される。例年、8月の最終月曜日から9月の第一月曜日(米国の祝日「Labor Day」である)までがバーニング・マンの会期とされている。会場となるブラックロック・デザート(Black Rock Desert)は、ネバダ州リノ市の約150km (90マイル) 北北東に位置する乾湖(Dry lakebed)である。各参加者は、この「プラーヤ」(Playa)と呼ばれる何もない塩類平原に街を作り上げ、新たに出会った隣人たちと共同生活を営み、そこで自分を表現しながら生き抜く。そして一週間後、すべてを無に還す。この実験的な地域社会は、みずからを架空の都市「ブラックロック・シティ」(Black Rock City, BRC)と呼称している。 ブラックロック・シティは、直径2.4kmの大きな扇型の市街地と、中心部のオープンスペース、および周辺部からなる総面積約4.5平方キロメートルの五角形の街であり、そこで会期中に生活する人々の数は約5万人ほどである。(2010年の主催者発表入場者数:51,454人) バーニング・マンという名称は、土曜日の深夜、街の象徴として場の中心に立ち続けていた人型の造形物「ザ・マン」(The Man)に火を放ち(burn)、それを完全に焼却することに由来する。


「ザ・マン」と「6:00のプロムナード」を散策するバーナーたち会場は、外部の世界から地形学的にほぼ遮断されており、電気、上下水道、電話、ガス、ガソリンスタンドなどの生活基盤は整備されておらず、一般のテレビ・ラジオ放送、携帯電話などもサービス提供範囲外となる。 売店や屋台、食堂なども一切ない。主催者側が用意するのは、自然環境保護のため必要とされる仮設トイレ群と食料の鮮度を維持するための氷のみである。したがって、バーナー(参加者たちの自称。「燃やす者」の意)は、水、食料、衣類、住居、燃料など、自らの生存のため必要とするもの全てを、自らの責任において事前に準備しなければならない。

ブラックロック・シティの「市民」たる各参加者は、思い思いの場所に自らの手で設営したテントやキャンピングカーを家とし、他者と出会い、新規に友人を作り、交遊し、問題を解決し、コミュニティを形成する。この劣悪な自然環境下で生きていくためには、おのずから隣人たちと助け合う必要に迫られるのである。ここでは貨幣経済や商行為は忌むべきものとされており、明確に禁止されている。見返りを求めない「贈り物経済」(Gift economy)と、なによりも「親切なこころ」が共同体を成立させている。(物々交換や、物とサービスの交換は推奨されていない) その広大な会場の各所には、参加者の手で大小多数のアート・インスタレーションが設置され、昼夜を問わず、会場の至るところで多種多様な活動が実行に移されている。

具体例を挙げるならば、

絵画や彫刻などの制作。舞台演劇。ミュージカル。パントマイム。舞踊。サーカス。楽器演奏。ジャムセッション。
大道芸。仮装。集団パフォーマンス。パレード。ファイアー・ポイ。フラフープ。トランポリン。ウエイトトレーニング。ローラーディスコ。
「アートカー」あるいは「ミュータント・ビークル」と呼ばれる、奇抜なデコレーションを施し、巨大なスピーカーを装備したトラックや移動ダンスフロア、あるいは移動バーカウンターの制作と運用。
大規模レイヴパーティ。野外ダンス。DJ。カウンターでのアルコール類の提供や各種カクテルの調製。友人への料理の提供。
グラフィティ・アート作品の制作。ボディペインティング。持ち寄った服へのシルクスクリーン印刷。
瞑想。ヨガ。座禅。天体観賞。
パネル・ディスカッション。各種ワークショップ。マッサージ。ヒーリング。カウンセリング。
パン焼き教室。鉄パイプ溶接教室。内燃機関のリビルド。アクセサリー手作り教室。
自転車修理/改造。セスナ機での遊覧飛行。スカイダイビング。
大規模な遊具の設置(非常に大きなシーソーや滑り台、ブランコ。人力メリーゴーランド。フリー・クライミング施設)
などである。これら一つ一つが各参加者の自由な発想から生まれた自己表現の手段である。


夜間のブラックロック・シティ一方で、診療所の設置や新聞の発行、FM放送局の開設、交通整理、入り口ゲートでの参加者の出迎えなど、この一時的な共同体の構成員全体に貢献するような活動こそが己を表現しうる手段である、と捉える者たちもいる。 例えば「ブラックロック・レンジャー」(Black Rock Ranger)と呼ばれるベテラン・バーナーのグループは、事前に十分な講習を受けた上で、参加者間、あるいは参加者と法執行機関やマスメディアとの間に立ち、様々なトラブルの解決にあたっている。

ブラックロック・シティにおいて一般的な価値観では、こういった活動に参加し積極的に人の輪に加わっていくことや、自ら独創的な活動を企画し、実行してみようという姿勢を高く評価する。 反対に、自分では何もせず、ただ「バーニング・マンを見にきた」物見遊山の第三者であろうという態度は非常に恥ずべきことだ、とされている。



ムダに時間使うって
楽しいょね。。
ヽ(゜▽、゜)ノ
  1. 2011/10/28(金) 19:41:12|
  2. 【エンターティメント】。
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

生涯学習。。。

群馬ゎこんなにスゴいのに・・・。




超HOTな話題ですッ。

コレ視れば
チミも群馬通。
(* ̄Oノ ̄*)おほほ
  1. 2011/10/19(水) 15:06:15|
  2. 【エンターティメント】。
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

ロボット。。。




何故か魅入る。。。

remotekontrol HP
  1. 2011/05/12(木) 15:18:35|
  2. 【エンターティメント】。
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

GTV。。

日々のつぶやき。。-DVC00001.jpg

この大災害の中
流石群馬テレビ。。。
( ̄Д ̄;;


タッチ放送してます。。
( ̄Д ̄;;
  1. 2011/03/11(金) 19:21:38|
  2. 【エンターティメント】。
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。